車金融で必要な手数料とは

車金融で必要な手数料とは

闇金である車金融でお金を借りると、当然ながら借りたお金以外に利息が付きますのでそれを返済しなければなりません。

 

利息を決める金利は利息制限法によって定められており、年20%を越えてはいけませんので、車金融の中でもこれを順守している業者は結構います。

 

手数料とは

多くの貸金業者が、利息制限法によって利息が年20%に制限されたことによって苦しい状況に追い込まれています。車金融も例外ではないのですが、車金融には利息外にも「手数料」があります。

 

一体何に対する手数料なのかと言うと、手続きに対する手数料です。一般的な消費者金融では取らない手数料ですので、かなり怪しいにおいが漂ってきます。

 

車金融でお金を借りる際には、名義人を利用者から車金融業者に変更する場合が多いので、変更手続きに対する通料という意味合いです。

 

手数料はいくらか

実は手数料こそが、車金融業者の利益を生んでおり、金額は業者によって異なりますが7000円くらいから7万円くらいまであるようです。実際に名義変更の手続きを自分で行おうとしても1000円もかかりませんので、手数料収入がいかに大きいかが理解できます。

 

ただし、あまりに法外な手数料は法律的に問題があるようです。
参考:借金が返せない場合はどうなる?匿名無料相談で解決